白内障が進行する前に

白内障についての知識は予防法をまとめたサイトです

白内障ってどんな病気?

白内障とは、目のレンズの役目をする「水晶体」が白く濁って、視力低下などを引き起こしてしまう病気です。

「水晶体」は、カメラのレンズの様に自動的に焦点を合わせて、網膜に映像を送っています。遠くの物を見る時には薄くなり、近くの物を見る時には厚くなるのです。

元々は透明の水晶体が白く濁ってしまうと、光が乱反射してしまい、網膜に正確な映像を送ることが出来なくなってしまいます。

白内障の症状としては、明るい所が眩しく感じられたり、夕方になると物が見えにくくなったり、物を見ると二重三重に見えたりといった症状が主なものです。

物が見えにくくなることから、視力の低下を疑う方もいるでしょう。

眼鏡をかけている方の中には、眼鏡の度が合わなくなったのかと感じる方もいます。

もし、眼鏡の度を変えたりしても見えにくい場合は、白内障の可能性があります。

白内障は、痛みやかゆみなどの症状は見られないので、なかなか白内障だと気付かない場合もあるようです。

一般的には、年齢と共に症状が表れてくることが多く、早い方だと40歳代から症状が表れ、80歳代にもなると、ほとんどの方に症状が表れるでしょう。

また、この時期は、男女問わずに『老眼(ろうがん)』の傾向が現れる時期でもあります。

正式名称は『老視(ろうし)』です。

白内障は早期発見・早期治療が何よりも大切です。

早めに治療すればすぐに治る病気ですが、進行すると緑内障やブドウ膜炎など他の病気も併発しかねません。

最悪の場合には、失明してしまうこともあります。目に何らかの異常を感じたら、眼科を受診して原因をはっきりさせましょう。

>>老眼偏光サングラスで白内障・緑内障予防

白内障関連